Thursday, 21 August 2014

Jellyfish Glass! Not sale...

寝苦しい暑さが続いていますね!!

週末は涼しくなるというのを期待していますが、どうなるのでしょうか。

先日のお休みの間に、長野から箱根にも行きました。

友人の働く「CRAFT HOUSE」でサンドグラスを体験させて頂きました。

CRAFT HOUSE」は、強羅駅から坂を上った強羅公園の中にあります。

夏休みなので、たくさんの方が体験しに来ていましたが、私もHoliday中なのか、

制作なのか、頑張って作ってしまいました。

切り絵のようにシートをカッティングしていく作業。

絵柄を描いて、写して、切って。。。

切って。。。



出来上がりまで1時間半。

結構、大作です。ロゴまで入れて。

ブルーのグラスがクラゲに合っていたので、夏らしい作品。

ガラスの作家さんに出会えたら商品化もあるかも。。。

キャンドルをいれて使ってもいいですね。





Tuesday, 19 August 2014

Cactus Pouch& Card case!

多肉植物柄 『Cactus 』のシリーズ。

まずは定番サイズのポーチ。

この形は2009年から変わらずに作っている人気商品ですね。


Basic pouch : Beige & Red(Red)

Zip 15cm

W15cm×H11.5cm

Material : Natural colour Linen / Inner  (Red & White stripes Cotton)

*イギリスで購入したナチュラルリネン使用)



Basic pouch : Red & Beige

Zip 15cm(Black)

W15cm×H11.5cm

Material : Red colour Linen / Inner  (Red & White stripes Cotton)

*イギリスで購入したカラーリネン使用)


Card case : Red & Beige

Zip 10cm(Black)

W17.5cm×H8.5cm

Material : Red colour Linen / Inner  (Red & White stripes Cotton)

*イギリスで購入したカラーリネン使用)


カードケースも定番化していますが、私自身が欲しかったサイズと仕様で、
特に気に入っています。

使い方は様々ですが、お客様がPasmoやSuicaなどと一緒にリップやお薬などを入れたりしてるのを聞きます。お仕事で使うUSBを入れてるという方も。

小物類は作る行程が多いですが、できあがると満足感がとってもある商品ですね。




商品のお問い合わせは info@fumie2009.comまで


Monday, 18 August 2014

Cutting cutting...

夏休みを頂いた後は、制作週間。

ひたすらカット、カット....

カットを始めるとパーツの枚数がだいたい足りなくて、後から切ったりもしますが、今回はちゃんとセットにして放置。

制作まで何個できるか、まだまだ見通しがつきません。

しばらくは多肉植物ブームです。

イギリスで購入した落ち着いた赤いリネン布に、ベージュの落ち着いたプリント。

赤と白のストライプ生地の裏地は、ポーチと同じです。

一見多肉植物のように見えない、ヨーロピアンな雰囲気も感じます。

リネンの風合いと日本にない色が気に入っています。





Sunday, 17 August 2014

Trip 02


ちょっと曇りの日々でしたが、雨は降らなかったのでよかった。

個人的に気に入った場所が、

国営アルプスあずみの公園。

敷地が大きくて、今回は時間的には堀金・穂高地区しか行けませんでしたが、2つに分かれていてもう地区があります。

お弁当を持って行ったり、バーベキューもできるスペースがあったり、のんびりお散歩もいいですね。

アスレチックがあったり、ハンモックがいろんなところに設置されていて、
ちょっと一休みしたつもりが、昼寝になってしまいました。

自然の中で眠るのは気持ちがいい!










Saturday, 16 August 2014

Trip 01

夏休みありがとうございました。

今回は近場の避暑地を探す旅の1日目、まずは松本に立ち寄り。

風が吹くと涼しかったので快適でした。

松本美術館も現代美術の作品があってよかった。

建物の空間もよかったのでゆっくり見れました。
草間さんでお出迎え。



コカコーラもドット柄。


飲み物もドットだったら、買いそう。




2日目には安曇野へ移動。

日中は日差しは強かったですが、自然が多いと日陰はひんやり。

お水がきれいな場所は、やっぱりキレイ。

自然の中にいないと、いいアイデアも浮かびません。

野花にふんわりとたくさんのチョウチョが飛んでいたのが、印象的でした。

アニメーションな世界。


ワサビ園の周辺はひんやりスポットがあって散歩にはちょうどいい。

水の流れる音がここちよい時間。

子供の頃何度か来ていた場所でも、改めて大人になると見方も味わい方も変わります。

お寿司はワサビ抜きだった時に来てもまったく意味がなかったけど、

刻んだワサビがのったそばを食べて鼻をツーンとさせているのが、

今では美味しいなんて、不思議。